ダイエット 肥満 種類 原因

MENU

ダイエットは肥満の種類とその原因を知る事から始める!


ダイエットを始めたのは大学生からですが、ダイエットと一言で言っても様々な種類のダイエットがあるんですね。
普通に運動することと、食べる事を制限するのがダイエットだとずっと思っていました。

 

 

 

しかし実際は食べることでもダイエットができるというものもあり、運動でも激しい運動ではなくて楽な運動のほうがダイエット効果があるものがあったりとか私としては革新的な事実でした。

 

 

ダイエットで1番始めに行ったのはジョギングです。なんとなくダイエット=ジョギングというイメージがあったからですね。
しかし、ジョギングはこれ以上太らない為のダイエット効果があるものの、局所を引き締めるというような効果がない事はダイエット成功後に知りました。。

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

私がダイエットを初めて最初に効果を感じたのは食べるダイエットのサプリメントお茶です。
お茶系の場合は苦しいという事がないんですね。
こんなんで効果あるのかと思っていたのですが、お腹がどんどん減っこんでいくのが体重ではなくて鏡で分かるようになってかなり衝撃を受けました。

 

 

自分のお腹に合わせたダイエット方法が重要


様々なダイエット方法があります。ダイエットの種類は無数にあります。しかし、どのようなダイエットを選ぶかはあなたのお腹次第です。そのお腹の肥満の原因が何なのかを把握する事が重要です。

 

 

例えば骨盤の歪みにより内臓下垂を起こしていてお腹がポッコリとしている場合に脂肪対策のダイエットをしても効果はありません。
なぜならそのお腹が出ている原因は「内臓」だからです。
脂肪が付いている状態なら脂肪対策で治りますが、内臓が垂れてお腹が膨らんでいる場合は、脂肪対策を何年実践しても効果がありません。

 

 

 

逆に脂肪で太っている場合にも同じで「内臓下垂」と勘違いして、筋力アップ運動や姿勢矯正、骨盤矯正を実践しても効果がありません。脂肪で太っている場合は脂肪燃焼系の対策ダイエットしか効果がありません。ここで言える事はなぜお腹が出ているのか?なぜ太っているのか?という事実を確認する事です。原因を知ればそれに適応するダイエット方法を実践できるからです。
お腹がぷよぷよしている場合の肥満は「ぷよぷよお腹の原因は4つあった!」で説明している通り原因は4つあります。

 

 

 

骨盤の歪みで内臓下垂が起きていたらまずは骨盤矯正をする事、腹横筋や腹斜筋の筋力低下の場合はこの筋力を鍛える事、猫背の場合は正しい姿勢に直す事、脂肪のみの場合は脂肪燃焼対策を実践する事で、それぞれの原因に適したダイエット方法を実践する事で効率よく失敗なくダイエットが出来ます。

 

 

頑張ってダイエットをしていきましょう。
どんなダイエットの種類も原因を知る事から始めてみましょう!


トップ/ぷよぷよお腹解消法
ぷよぷよお腹になる原因
内臓下垂対策の姿勢矯正商品
皮下脂肪対策の脂肪対策商品


スポンサードサーチ